手間をかけずに美肌になる方法!あなたにピッタリのスキンケアの紹介

若々しい美肌を保つためのエイジングケア商品のご紹介。ハリや潤いがある肌へと導き毛穴を目立たなくするスキンケアを目指しましょう。

そばかす対策で大切なことは”メラニン抑制”と”メラニン排出”のWケア

そばかす

集中美白!シミ・そばかすに

肌に優しい美白力!あの口コミで話題のそばかす専用薬用クリーム。メラニン抑制とメラニン排出をWでケア。年々濃くなる大人のそばかす対策の為に、開発されました。

どうしてそばかすができるの?

そばかすの原因縁は大きく分けて2つ!

先天的なそばかす
先天的なそばかすは、主に思春期に増えると言われ、思春期を過ぎれば消える場合もあるようです。

また、そばかすが出来やすい体質というものがあり、家系的にそばかすのある人が多いという場合にはできやすいとも言われています。 
後天的なそばかす
そばかすの原因はさまざまですが、一般的に紫外線によるもの、お肌に負担となるスキンケアや洗顔方法、日々のストレス、ビタミンやミネラル不足、睡眠不足、加齢などが原因だといわれてます。

大人になってからできてしまうそばかすは自然に消えることは少なく、年齢を重ねるごとに濃くなってしまう場合もあるようです。 
 そばかすができるまで

そばかすは活性酸素の発生により出来てしまいます。活性酸素とは体や肌の錆びや老化の原因の一つとされているもの。この活性酸素が増えてしまうと自分の細胞を傷つけたり、酸化させてしまう。

紫外線をたっぷり浴びたり、外的な刺激を受けたりすると、活性酸素が発生し、メラノサイトが刺激され、肌を外的要因から守るためメラニン色素を増殖します。

こうしてお肌の内部に色素沈着したそばかすが表面に浮かび上がってくるのです。 

そばかすでお悩み抱えてませんか?

  1. 一生このままなのか不安になる。
  2. 鏡で自分の顔を見るたび落ち込む。
  3. 子供の頃から何十年もそばかすが。
  4. 出産後、そばかすが増えてしまった。
  5. 年々そばかすが濃くなり化粧も濃くなる。

どうして私ばっかり!?

出来てしまったそばかすに対策はないの?

そばかす対策で大切なことは、メラニン抑制とメラニン排出のWケアだと辿り着き、
誕生したのがフキュレル!!

寝ている間に気になるそばかすを集中ケアできる薬用クリームをお試しください。
今なら30%オフ、送料無料、代引き無料のキャンペーン開催中。"安心"の180日間返金保証なので悩む前にトライしてみてはいかがでしょうか。

あなたがやることはコレだけ!

お休み前の簡単3ステップ

洗顔・クレンジング
お手持ちの洗顔料・クレンジングでしっかり化粧を落とし、フレキュレルをより効果的に使っていただくための土台を作ります。
フレキュレルを全体に
フレキュレルを、10円玉くらいの大きさを手に取って顔全体に均一に塗り、下から上に引き上げるようになじませます。
気になる場所に重ね塗り
均一に顔全体に塗った後に、そばかすが特に気になる部分を重点的に重ね塗りしてください。

翌朝のケア!!朝起きたら洗い流し、通常の基礎ケアをしてください。メイク前にフレキュレルを薄く塗るとより効果的です。
 
始めた人から実感!

就寝中にシミ・そばかすは集中ケア!

メラニン

そばかす対策①

そばかすの原因の一つであるメラニンの生成を抑制、排出

セラミドが不足し、肌のバリア機能が低下すると、外部刺激や紫外線の影響を受けてメラニンが過剰に生成されやすい状態になります。

なのでセラミドを補給し、メラノサイトへの刺激を抑制してメラニンの過剰生成を抑制。加えて、肌の正しい生まれ変わりを促進することにより、メラニンをスムーズに排出させることが大切になります。 

そばかす対策②

体の内側からビタミンをしっかり摂取

そばかすケアでは、紫外線対策や美白ケアなどに加え、身体の内側からしっかりケアすることも大切です。特にビタミンCなどの栄養をしっかり摂取しましょう。

普段の食生活で足りない場合は、サプリメントを併用することもおススメです。

そばかす対策③

お肌にやさしい美白化粧品を利用

美白化粧品を効果的に使うことにより、そばかすを対策できます。

そばかすになりやすい方は肌が白く敏感な傾向にあるため、肌にやさしく低刺激な美白化粧品でないと、肌荒れを引き起こしてしまうこともあります。

また、肌への刺激がそばかすの原因につながることもあります。そばかす対策には低刺激なクリームタイプがおススメです。

そもそも、そばかすになるのは、肌が白く敏感な人が多く、紫外線を吸収しやすい肌の方が多いと言われてます。そのため、正しいケアをしないと、そばかすができたり、年々濃くなってしまうのです。

また、できやすい肌のため、お金をかけて一時的に治療しても、その後しっかりケアをしないとまたできてしまう方もいらっしゃいます。

詳しくはこちら【フレキュレル】

敏感肌
 
 
最後までお読みいただきありがとうございました。 

yotagiri53.hatenadiary.jp