美肌エイジングケア!毛穴スッキリ潤いあるハリ肌を育てるスキンケア

若々しい美肌を保つためのエイジングケア商品のご紹介。ハリや潤いがある肌へと導き毛穴を目立たなくするスキンケアを目指しましょう。

40代からの美肌ファンデーション!小ジワ・シミ・毛穴を自然にカバー

ファンデーション

100%天然由来のファンデーション!

40代の方にぜひ使ってほしいおすすめファンデーション。

毛穴などの気になる部分を隠して美肌へと変え素肌のような自然な仕上がりを演出できます。

無農薬栽培米を主原料100%天然由来のファンデーション。海外コレクション、TGCヘアメイク【風間義則氏】も推奨。

時間がたってもシワっぽくならず若々しい印象を実感。まるで素肌のような仕上がりで内側からあふれるような透明感

最近は安全への意識が高まり、基礎化粧品では成分をチェックし天然由来化粧を選択する方が増えています。

しかし、残念ながらファンデーションではその意識がまだ低いのが現状です。

ファンデーションも肌に直接付けるものだから配合している成分はとても重要です。

リペアファンデーションは全成分が100%天然由来。お肌をカバ―するものだから、ミネラル成分配合。

さらに主原料にもこだわっており、自社生産の無農薬栽培米を使用するなど、より肌への優しさを追求しております。

詳しくはこちら「リペアファンデーション」

生命体ファンデーションは全てが違う!

毛穴


100%美容成分の美容液!リペアジェル生まれのファンデ―ション!口コミとリピ―トで販売実績50万本!これほど素肌のことを考えたファンデ―ションは初めて。

独自の美容成分を配合したリペアファンデーションシリ―ズ

医学誌に論文が掲載され、品質が高く評価されるリペアジェルをベ―スに、独自の美容成分を配合したリペアファンデーションシリ―ズが誕生。

しかも、素肌への優しさを追求した100%天然由来で、敏感肌や合わない化粧品が多いとお悩みの方にもご満足いただけるファンデ―ションです。

もちろん、メイクアップ本来の効果にもこだわり、素肌感と透明感を演出し、上質に仕上げることができます。

クレンジングによる肌への負担の軽減と、独自の美容成分を配合したことによる美容効果で、メイクをしながら年齢肌へのアプロ―チというダブルの優しさを可能としたのです。

ご存じですか?
えっ?!ファンデーションが老化の原因に?!

ファンデーションに化学合成のものが多く入っていると老化の原因になることをご存じでしょうか?

カラフルな色を作り出すタール系色素はアレルギーの元になると言われ、合成シリコンや合成防腐剤、石油系界面活性剤は、肌のバリア機能を壊し、トラブルを引き起こします。

せっかく基礎化粧品にはこだわっているのに、ファンデーションは見た目や使用感を
重視しがち!美容効果は!?

そこで!!リペアファンデーション。生命体ファンデーションは全てが違う。

詳しくはこちら「リペアファンデーション」

リペアファンデーションの実力!

1.「100%美容成分の美容液!」

リペアファンデーションは、100%美容成分のオ―ルインワン美容液であるリペアジェルから生まれました。

ファンデーションは肌の負担になるというこれまでの欠点を解消するために、原料からこだわりを持ち、肌に優しいファンデーションを製造。

天然由来の美容成分を配合したことで、つけている間まるで美容パックをしているかのようにお肌を整えます。

2.「超微粒子成分がシミ、シワ、毛穴をしっかりカバ―」

微粒子化した天然由来のミネラルパウダ―により、シミ、シワ、毛穴をしっかりとカバ―。

さらに、光の反射・拡散効果により、肌のくすみを抑えながらキメ細かく透き通る肌に。

天然由来成分だけで、これほどまでの美肌効果を実現しました。

3.「100%天然由来のファンデーション!」

肌へのやさしさ」を追求し、石油由来の原料は一切不使用。
100%天然由来で作られたファンデーションなので、肌への負担を減らすことができました。

敏感肌で肌への負担を懸念していた方でも、安心してご使用いただけます。

4.「原料に無農薬栽培米を使用!」

農薬を使用しない栽培米など、植物が持つ力有効活用する生命体技術を開発いたしました。

使用しているお米は、リソウ専用農場で、手作業を繰り返す独自の農法で無農薬栽培されています。

たくましい稲穂からお米を収穫し、そのお米から美容成分を抽出しております。

今なら特別価格1,900円(税抜)パフ付き!敏感肌に試してみてください!

詳しくはこちら「リペアファンデーション」
スキンケア


↓その他「基礎化粧品」

基礎化粧品

基礎化粧品

最後までお読みいただきありがとうございました。 


yotagiri53.hatenadiary.jp