健やかなお肌の女性

脂漏性皮膚炎のためのスキンケア!

脂漏性皮膚炎のスキンケア

皮膚科医が監修、お肌の肌荒れを防ぐために開発されたスキンケアシリーズ。脂性肌・敏感肌のバリア機能をうるおいでサポートし、健やかなお肌へ皮膚科専門医監修!

原因を追及し、乾燥等のダメージを抑え、環境を良くし、健康なお肌の環境へ導くためのスキンケアを開発しました。どのスキンケアを使っても症状が改善できない方でも、使ってすぐに実感頂いている方が多くいらっしゃいます。

【脂漏性皮膚炎と診断された方は今すぐお試しください】

  1. 症状を悪化させる成分は一切未使用。
  2. 使い続けることで健康なお肌に整える。
  3. 敏感肌の方もご利用いただける優しい成分。
  4. 優しい使用感で、敏感なお肌の方も優しくケア。

【健やかなお肌とは...?】

正常なお肌は角質層が整列し、紫外線などの外部刺激からお肌を守るバリア機能がしっかりと働いています。このバリア機能がふっくらとうるおいのある、キメの整ったお肌を保ちます。

ダメージを受けたお肌はホルモンバランスや生活習慣、菌の繁殖などが原因でお肌のターンオーバーが早まり、刺激に弱く、脂質が染み出したり、ごわついたりします。

主に皮脂分泌の多い箇所がカサついたりベタついたりしやすく、気にして触ってしまい、刺激をあたえることで悪化してしまうことが多いです。

【頭皮・おでこ・眉間、まゆげ・あご】

症状:ざらつき、ベタつき、キメの乱れ

【小鼻のわき、耳の後ろ】

症状:かさつき、乾燥、肌荒れ

【3つのケアでお肌の環境を整える!】

  1. キメを整える。
  2. 潤いを与える。
  3. 肌の環境を整える。
原因を追及し、乾燥等のダメージを抑え、環境を良くし、健康なお肌の環境へ導くためのスキンケアを開発しました。

【皮膚を健やかに保つための成分を厳選!】

KADASON洗顔フォーム・KADASONセラミド化粧水は「ベタつき」「敏感肌」「脂性肌」「カサつき」などでお悩みの方の為に、皮膚科専門医監修のもとで開発された低刺激性・無添加のスキンケア成品です。

【正しい洗顔・スキンケアはできていますか?】

毎日しているのに、間違いがちな洗顔とスキンケアの方法。知らずに肌に負担をかけるような洗顔をすると、乾燥、肌荒れ、キメ乱れ、かさつきなどの肌トラブルの原因になります。正しい洗顔とスキンケアで健康な肌環境をつくりましょう。

1.「洗顔の前に手をキレイに

洗顔フォームを手につけて顔を洗うから、わざわざ洗顔前に手を洗う必要はないと思う方も多いのではないでしょうか?手は日常生活の中で様々な汚れや菌にさらされています。

洗顔フォームはそれらを全て取り除けるようにつくられていません。また、手が汚れていると洗顔フォームの泡立ちが悪くなります。手を清潔にしてから洗顔しましょう。

2.「顔をすすぐのはぬるま湯

洗顔料を顔にのせる前に顔を軽くすすぎましょう。入浴中に洗顔をする方で多いのが「熱いシャワーを直接顔にかけてすすぐ」こと。激しい水流が肌に刺激をあたえるとともに、たるみの原因にもなります。

また、熱いお湯は、皮脂汚れだけでなく、肌に必要なうるおいまで流してしまうので、水温は34℃前後のぬるま湯がベストです。

3.「ふわふわ泡でやさしく洗う

まず洗顔フォームをしっかり泡だてましょう。洗顔ネットを使うと手軽に泡だてることができます。力を入れてゴシゴシ洗うと、肌を傷めてしまうので、肌の上で泡を転がすように洗いましょう。

一番皮脂が出やすい、Tゾーン、小鼻の横、あご、最後に乾燥しやすい頬の順番で洗うと良いです。

4.「タオルで水分を吸いとる

ぬるま湯で20~30回、洗顔料をすすぎおとしましょう。フェイスラインや髪の生え際は特にすすぎ残しが多いので注意してください。

洗顔後は、清潔なタオルを肌にそっとあてて、タオルに水分を吸収させるイメージでふき取りましょう。

5.「できるだけすぐにスキンケアを

洗いたてのお肌は、とても水分が蒸発してしまいやすい状態なので、できるだけ早くスキンケアをしましょう。

化粧水などをパンパンたたいて肌につけるのは絶対NG。肌の奥まで浸透させるイメージで、手のひらで押し込むように肌の角層まで浸透させましょう。

【このような方は是非お試しください!】

  1. 鼻の横やTゾーンが荒れがちな方。
  2. 首の髪の生え際や、耳の後ろが荒れがちな方。
  3. 低刺激性の化粧品でお肌にやさしいケアをしたい方。


KADASON(カダソン)スキンケアシリーズ
カダソン


↓その他「脂漏性皮膚炎」↓

脂漏性皮膚炎のシャンプー

脂漏性皮膚炎のシャンプー

最後までお読みいただきありがとうございました。